本文へスキップ

FC朱雀は、栃木県佐野市を本拠とするグラスルーツのサッカークラブです。

電話でのお問い合わせはTEL.0283-55-6623

〒327-0843 栃木県佐野市堀米町601-2

女子サッカーチーム「フィオラ」 fiora


地域の女の子にもボールを追いかける楽しさを伝えたい。

2016年、女子の外遊びの活性化プログラム「ウィメンズ・バルシューレ」を発足しました。
それはサッカーボールを使って、いろいろなボール運動・トレーニングを行い、外でボール遊びを始めてみたいと思っている女の子を対象とした地域貢献のプログラムでした。
ところが1周年を迎え、参加してくださる方々の声は、「ボール運動」より、「サッカー」がやりたい!というクラブも予想していなかった積極的なものでした。
2017年、その情熱や期待に応えるべく女子サッカーチーム”fiora”を立ち上げることにしました。

fiora フィオラをは花の女神を意味し、込められた想いは柳緑花紅。

 柳は緑、花は紅。ありのままの今を楽しむ。日本には四季があります。私たちは自然のなかにいて、自然からたくさんのことを学び、感じ取ります。一方で地震や台風、豪雨などの災害も多く、世界的に見れば、非常に特異な地質に住んでいるゆえの無常観も持ち合わせています。「柳緑花紅」のように、柳が緑に芽吹いて、花が深紅に咲き誇っている。当たり前の美しい春景色を詠むように、ありのままの今を精一杯楽しんでいきます。

サッカーというスポーツの魅力

サッカーというスポーツは世界的に見ても広く楽しまれ、日本でも徐々に人気が高まっています。
2011年に女子サッカーがワールドチャンピオンになったこともあり、最近では女性でもサッカーに興味を持つ人が増えてきています。そんなサッカーの魅力は、「競争・勝利・ルール・自由・決断・連続性・協働」の8つの価値が1つのゲームに凝縮されています。

ボール1コで充分!とっても気軽に遊べることから始まります。

サッカーは究極的にボールさえあればできるスポーツです。
非常にシンプルな道具しか必要がなく、手軽に誰でもプレ−することができます。サッカーの魅力はそんな気軽さにもあります。ボールさえあれば思い切り元気に遊べるし、いろんな練習ができます。
ボール1コでOKだから、真面目すぎず、パッとバッグに入れて夕方まで元気に遊べます!

ボールを友達に、緑の芝の上でいろいろな動作を楽しみましょう。

自然にコミュニケーションをとる。

 チームを組んでプレイするのでコミュニケーションをとることが当たり前なスポーツです。同じチームの仲間で、1つの目標に向かって力を合わせる。サッカーはチームワークを楽しむものでもあります。
  一点の重みが最もあるスポーツのひとつと言われています。全員で守って、全員で走って、全員で繋いで得点が入った時の喜び・熱狂は生半可なものではありません。まれににしか生まれない得点。だからこそ、誰が入れたかにかかわらず皆で喜べる言葉にならない歓喜が生まれます。

「競争・勝利・ルール・自由・決断・連続性・協働」これらの結晶がサッカーを楽しむ時間そのものです。
今ドキ、女の子だって逞しく育てたい。そんな思いにサッカーはピッタリです。

サッカーをプレーする女性の気持ちは?

なぜ女子選手は、サッカーをプレーするのでしょうか。答えは一つ、「サッカーが大好きで、うまくなりたいから」です。
思春期にさしかかる小学校高学年では、女子選手が男子のなかでプレーし続けることは、心理的にも容易なことではありません。しかし、彼女たちは「もっともっとうまくなりたい」という強い気持ちを持っています。その強い気持ちを胸に、大きな勇気をもって、男子選手と懸命にプレーし続けています。

サッカーはボディコンタクトの多いスポーツです。激しいタックルなどもあります。しかし、身体をぶつけ合うのがサッカーの本質ではありません。
まずは、達成感を覚え、それが楽しいと思えたら、身体をぶつけ合うのが何でもなくなるはずです。コーチがサポートに入りながら、達成感を経験させ、楽しさのもとにプルアップしていきます。

女子選手の育成における重要なはなし

育成年代における女子選手の特徴とコーチングする際の留意、女子サッカー選手を取り巻く環境についてクラブで心がけていることをお話しします。      

男子選手より早く訪れる「発育発達のスパート期」

 小学校の高学年になると女性の第二次性徴に伴う身体(特に筋/骨格)の発育発達のスパート期が、男子よりも早く訪れます。スパート期にさしかかる前段階での動きづくりの重要性は男子と変わりませんが、女子選手が身体を巧く動かせるようになったら、動きづくりに加えて、男子より早めにサッカーのテクニックトレーニング(例えば左右差なくしてあげれるように)に取り組むことを心がけています。

女子サッカー選手の育成のために女子ジュニアユースチームを設立をしました。

 小学生の年代では約7割近い女子選手が男子と一緒にプレーしています。
 しかし、中学生(13歳)になると、成長期を迎える男子と一緒にプレーすることが困難となります。そのため、男子チームでのプレーができなくなる女子選手たちは、部活やクラブでのプレー環境が失われ、大好きなサッカーをあきらめざるを得ない状況に直面しています。
 また一方で、一度あきらめたものの、サッカーへの熱い情熱が失われることはなく、高校年代でサッカーを再開する選手も多く存在します。これは、ひとえに環境の有無によります。栃木県内の高校でも、女子サッカー部がある高校は12校もあるので、ここに簡単に接続できないことが地域の課題です。つまり、選手として多くのものを学び、大きく成長する中学年代で、サッカーを続けたいのに、サッカーのできない女子選手がとても多いです。地域の女子サッカーにとって、中学年代のプレー環境の整備に資することをクラブのビジョンに加え、私たちは、サッカーを始めた女子の将来にむけて、女子のジュニアユースチームを設立しました。設立して間もないので、現在、中学生のメイトを募集しています。

【右】中学生の年代で女子選手の登録の数は半分以下になり、高校年代に少し回復します。やりたいがやれる環境がないことを裏付ける統計です。
(引用 jfa.jp

ぜひ気軽に参加ください。

 男子と一緒にプレーできる女子もいますが、男子と一緒ではプレーできない女子もいます。仮に女子サッカーチームがあるならサッカーをやってみたいという女子は、実は多いです。そんな女子が集まっているチームが佐野に存在しています。ぜひお気軽に参加下さい。

日時と対象
曜日:土曜日及び日曜日
時間:9:00〜12:00 または 13:00〜16:00
対象:小学1年生ないし小学6年生までの女子
内 容 (女子サッカー)
サッカーを「はじめよう・たのしもう・つづけよう!」
何かスポーツを始めてみたい女児から、サッカーをやりたい!という女児まで、気軽にサッカーができる場所を用意しています。
運動経験は、ムダになることはありません。何かスポーツをしてみたいと考えていらっしゃる女性であればきっと面白い経験ができるはずです。
皆様の参加をJFA公認指導者が心よりお待ちしております。

持ち物
1,運動の出来る服装
2,水分補給できるお飲み物
3,着替え・タオル等
※ 夏季にあっては、帽子や日焼け止めなども持参くださることを推奨しています。
※ お子様の持ち物については、お名前の記入をご協力下さい。
参加費
月間 金1,000円
※ この他、年間800円の保険料(スポーツ安全保険)がかかります。
 
注意事項
  • 雨天時は、中止になる場合があります。
  • スクール開始時1時間前までに、メールアドレスの提供をいただいた方に連絡をしています。恐れ入りますがご了承ください。
  • 活動中の様子をウェブサイト等の公式な広報媒体において,一般の方に向けた広報活動を行なっております。実際の活動をできるだけ具体的に表現する目的で,肖像 (個人が特定可能な写真等) を広報媒体に掲載させていただくことがございます。目的以外の利用は行いません。予めご理解をお願いいたします。


フィオラコーチングスタッフの紹介

渡邊惠一

コーチング・スタッフ

■日本サッカー協会公認C級指導員
■日本サッカー協会公認キッズリーダー
■日本サッカー協会公認3級審判
■日本フットサル協会公認4級審判

高澤一剛

コーチング・スタッフ

■日本サッカー協会公認D級指導員
■日本サッカー協会公認4級審判

冨山 保

コーチング・スタッフ

■日本サッカー協会公認D級指導員
■日本サッカー協会公認キッズリーダー
■日本サッカー協会公認4級審判
■日本フットサル協会公認4級審判

お問い合わせ先

FC朱雀女子サッカーチーム”フィオラ”
管理者 渡邉惠一
пF090-8816-0803(電話に出られないこともあります。)



クラブイメージ

shop info.クラブ情報

一般社団法人フットボールクラブ朱雀

〒327-0843
栃木県佐野市堀米町601-2
TEL.0283-55-6623

 本サイトは、一般社団法人フットボールクラブ朱雀のオフィシャルウェブサイトです。
  佐野市並びに佐野市近隣にお住まいのサッカーが好きな子供たちや保護者又はコーチの方々に役立つ情報の提供を目指しております。